水の安全性

ウォーター

ニッポンの「安全」

011年の3月は、現代ニッポンにとっては激動の1ヶ月となりました……いや、それはあの3月ですべて終わったわけではありません。問題が山積なのは、あれから4年が経とうとしている今この瞬間も、同じなのです。特にあの時に起こったことが衝撃的だったのは、ニッポンの「安全神話」などと呼ばれていたことが、本当に、単なる神話でしかない、フィクションでしかないということが明らかになったことでした。「安全です」と言われていたものが世界最大級の事故に見舞われ、失われた物は数知れません。

放射能による悪影響

あの時、我々は学ぶべきでしたし、実際に教訓を痛いほど噛み締めた人もたくさんいるでしょう。「安全」というものはもともとそこにあるものではなく、こちらから求めなければ得られないものなのだということも、そのひとつ。鵜呑みにして考えないのではなく、常に考え続けること。水の安全性についても、それは同じです。

2011年以降、判で押したように言われるようになったのは、「放射能の悪影響」でした。それを懸念する声。農作物に対して、食品に対して、今踏みしめている地面について、吸い込んでいる空気について。喉を潤す水について。もしや、そこに放射能の悪影響が及んでいるのではないか、ということが、言われるようになったのです。

そして、例えば水の安全性なら、ミネラルウォーターの製造元とか、ウォーターサーバーのメーカーなどに対して、答えを求める声が上がったのです。特に、ちょうどよく冷えた美味しい水を好きなときに飲めるウォーターサーバーは、多くの人に愛されているため、なおさら深い関心を持たれているのです。